利用規約

利用規約

第1条 目的
1.本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社マーケティングサプリ(以下「当社」といいます。)が提供する以下のサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用にあたり、遵守すべき基本的事項を定めるものです。

・EFOサプリ

2. 本規約は、当社と本サービスの利用に関する契約(以下「利用契約」といいます。)を締結した者(以下「サービス利用者」といいます。)との間に適用するものとします。


第2条	定義

本規約で使用される次の用語は、各々下記に定める意味で使用します。
①本サービス
当社が提供するすべてのサービス。

②サービス利用者
本規約に同意し、当社が提供する本サービスを利用する法人または個人事業主。

③ユーザー
サービス利用者が運営するウェブサイトを利用するインターネットユーザー


第3条	サービス利用承諾の内容
1.サービス利用者が、本サービスに関して当社から承諾される内容は、利用契約期間中、本サービスを非独占的に利用する権利とします。
2.当社は、本サービスを、当社がその時点で合理的に提供可能な内容で提供するものとします。また、当社は理由の如何を問わず、サービス利用者に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の一部の変更、追加及び廃止をすることができます。
3.サービス利用者は、当社が、本ソフトウェアの障害等の不具合の修正、改良等の実施を合理的に提供可能な範囲で行うことを承諾するものとします。
4.サービス利用者は、本サービスを模倣したサービスの複製を行うことはできません。

第4条	サービスの停止
1.当社は、次の各号に該当する事由が生じた場合、当社の判断により本サービスの全部又は一部を中止又は停止することができるものとします。
①法定点検、電源点検、定期保守
②ソフトウェアのバージョンアップ・パッチインストール、データバックアップ等
③障害等の不具合対応
④その他やむを得ない場合

2.前項によるサービス中止又は停止を行おうとする場合、当社は、サービス利用者があらかじめ知りうるようにするための、当社が適当と認める措置を取ります。ただし、サービス中止又は停止が緊急かつやむを得ない場合は、この限りではありません。

3.天災地変、戦争、騒乱、停電、電気通信事業者による電気通信サービスの中止、サーバー提供会社によるサービス提供の停止、その他当社の責に帰すべからざる理由により、当社の管理するハードウェアその他関連機器・設備またはソフトウェアまたはインターネット回線に障害が生じた場合、当社は、本サービスの提供を停止することができるものとします。

第5条	利用料金・利用契約期間
1.本サービスの利用料金及び算出方法、利用契約期間は、個別に定めるものとします。
2.サービス利用者が本サービスの利用料金の支払いを怠った場合には、年6%の割合による遅延損害金(1年を365日とする日割り計算)を当社に対し、支払わなければならないものとします。
3.サービス利用者による利用契約期間中の途中解約は認められないものとします。

第6条 サービス利用者による解約
サービス利用者は、現在の利用契約期間が満了する前に、継続利用を希望する場合には、次期の利用契約期間の申込みをするものとします。次期の利用契約期間の申込みをしない場合、解約となります。解約となった場合、それまで設定していた内容やデータは失われることになります。

第7条	当社による利用契約の解除
1.当社は、サービス利用者について次の事由のいずれかが発生したときは、催促を要せず利用契約を解除し、本サービスの利用を差し止める事ができます。サービス利用者は、当社について次の事由(第1号、第2号及び第9号を除く。)のいずれかが発生したときは、催促を要せず利用契約を解除する事ができます。

①サービス利用者が利用料金の支払いを支払期日より遅延した場合
②サービス利用者が第7条に違反した場合
③破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始又はこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
④解散したとき(合併による場合を除きます)、清算開始となったとき、又は事業の全部(実質的に全部の場合を含みます)を第三者に譲渡した場合
⑤監督官庁から営業停止又は営業免許若しくは営業登録の取消等の処分を受けた場合
⑥自ら振出し、若しくは引受けた手形又は小切手につき、不渡りの処分を受けた場合
⑦差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
⑧租税公課の滞納処分を受けた場合
⑨死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
⑩本人若しくはその取締役、監査役、従業員その他の構成員、株主、取引先、若しくは顧問その他のアドバイザーが反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これらに準ずる者及びこれらと密接な関係を有する者を意味し、以下同様とします)であること、又は本人が資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
⑪資産、信用状態が悪化し、又はそのおそれがあると認められる相当の理由があるとき

2.前項に定めるもののほか、本契約の当事者が本規約に定める条項に違反した場合、相手方は相当の期間を定めて催促を行い、是正されない場合は利用契約を解除することができます。

3.サービス利用者が前各項の解除の事由に該当した場合、当社はサービス利用者に対し、利用契約の残存期間分の利用料金相当額の支払いを請求することができるものとします。なお、当社による当該金額を超える損害についての賠償請求を妨げないものとします。当社が前各項の解除の事由に該当した場合、サービス利用者は当社に対し、損害賠償を請求することができるものとします。

4.サービス利用者について第1項又は第2項の解除の事由が生じた場合には、当社は催告を要せず、サービス利用者による本サービスの利用を停止することができます。

第8条 反社会的勢力の排除
1. 当社およびサービス利用者は、次の各号に該当しないことを保証し、将来においても該当しないことを誓約します。

(1) 反社会的勢力等または反社会的勢力等でなくなったときから5年を経過しない者であること
(2) 反社会的勢力等に資金提供、便宜の供給等を行っていること
(3) 自らまたは第三者を利用して、他者に対して、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞を用いていること

2. 当社およびサービス利用者は、自らまたはその関係者が、直接的または間接的に、次の各号に該当する行為を行わないことを保証し、将来においても該当しないことを誓約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動(自己またはその関係者が前項に定める者である旨を伝えることを含むが、これに限られない。)をし、または暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準じる行為
3. 当社およびサービス利用者は、相手方が前2項の規定に違反した場合、何ら事前の催告を要することなく、相手方に対し通知し、即時に利用契約を解除することができます。
4. 当社およびサービス利用者が前項の規定により契約を解除した場合には、解除により相手方に生じた損害の一切について賠償する義務を負わないものとします。


第9条 免責
1.当社は、サービス利用者が本サービスの利用に関して被った損害について、賠償の責任を負わないものとします。但し、当社に故意又は重過失がある場合はこの限りではないものとします。

第10条	秘密保持
1.利用契約の当事者(以下本条において「受領者」といいます)は、相手方(以下本条において「開示者」といいます。)の書面による事前の承諾なくして、利用契約に関連して知り得た開示者の業務上、技術上、販売上の情報(但し、公知の事実は除くものとし、以下「秘密情報」といいます)を第三者に開示、漏洩せず、また利用契約以外の目的に利用しないものとします。
2.受領者は、前項の規定により開示者の承諾を得て、秘密情報を第三者に開示する場合、当該第三者に対し、本条と同様の秘密保持義務を課すものとし、かつ、当該第三者の義務違反については、開示者に対し、自己の義務違反として責任を負うものとします。
3.受領者は、法令又は公的機関による命令等に基づき開示の義務を負う場合、これに従うために必要な限度において秘密情報を開示することができます。この場合、受領者は開示した旨を速やかに相手方に通知し、開示者の合理的な指示に従うものとします。
4.サービス利用者は、サービス利用者が本サービスを利用した旨に限り、当社のウェブサイト及び各種資料にて開示することを当社に承諾するものとします。

第11条	個人情報の保護
1.当社の個人情報保護(「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます)をいいます)についての基本方針は別途定める個人情報保護方針に基づいています。
2.当社は、本サービスを通じてユーザーの個人情報を収集することは行わないものとします。

第12条 著作権その他知的財産権
1.本ソフトウェア及び本サービス並びに本ソフトウェア及び本サービスに付属する全ての書類等の著作権その他の知的財産権は、全て当社又は当社に権利を付与している第三者に帰属します。
2.サービス利用者は、第7条に明示された範囲内で本サービスを利用できる権利を承諾されるにとどまります。

第13条 本規約の変更
当社は、本規約を変更できるものとします。当社は、本規約を変更した場合には、サービス利用者に変更内容を通知するものとし、当該変更内容を通知した後、サービス利用者が本サービスの利用を継続した場合、または、当社の定める期間内に何らの異議も述べなかった場合には、サービス利用者は、本規約の変更に同意したものとみなし、その場合には、利用料金その他のサービス提供条件は変更後の規約によります。

第14条	存続規定★
第5条第3項、第6条第3項、第6条第4項、第7条第5項、第7条第6項、第7条第7項、第9条第2項(未払がある場合に限ります)、第9条第3項、第9条第4項、第10条、第12条、第15条第3項、第16条第4項、第17条から第25条まで及び本条から第30条までの規定は本サービスの利用期間の終了後も有効に存続するものとします。

第15条	協議
本規約に定めの無い事項については、当社とサービス利用者がお互いに誠意をもって協議し、解決を図るものとします。

第16条	分離可能性
本規約のいずれかの条項またはその一部が法律により無効であると決定された場合でも、その他の条項は完全に有効に存続するものとします。

第17条	準拠法及び管轄裁判所
本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

附則
2020年3月1日制定